2017年03月01日

『実録』メモ (102)おほみやびうたの大正天皇

『大正天皇御集 おほみやびうた』(改題と解説・岡野弘彦、邑心文庫)という歌集がある。
 漢詩もいいが、和歌もいい。明治・昭和と比べて、私には好もしい歌が多い。そこには明治・昭和の両帝に有りがちな王者ぶり・帝王ぶりの構えがない、気取りがない、ええ恰好しの見栄もないのである。帝王ぶりの例として挙げると、例えば、歌の結句に「思ふ」とか「祈る」とかの語句が昭和天皇にはかなり多いが、大正天皇には極めて少ない。それはつまり、己は天皇であり、その行住坐臥、一つとして尊厳ならざるものはなく、何をどう詠んでもそれなりに歌になる、というのが帝王の帝王たる所以である、という自負心である。これが大正天皇には殆ど見られないのである。
 わずか31文字という狭い範疇の中において、「思う」とか「祈る」とかの三音も費やすような、無駄な・悠長な言葉使いは本来、あり得ないのであるが、昭和天皇には数多く見出される。彼は幼少の折から、儀礼的・儀式的な帝王学を学んできているので、かなりに杓子定規的である。それに対して、大正天皇の歌には、すぐれて人間的な・個性的な、その意味で現代人的な感性さえ感じられる気がする。
 冒頭の歌、「若布かる海人のかげさへ立ちこめて波路はるかに霞む今日哉」の平明で叙景的な歌、こういう普通人の感覚での歌は、明治・昭和の両帝にはあまり見られない。「咲きそめし梅見にくればほほゑみて花も我をぞむかへ顔なる」というのも面白いし、「ちる花の雪ふみわけてかへるさは駒のあがきにうちまかせつつ」の飄逸味も悪くない。特に次の二首はいい。また、――
《はる雨のはるるを待ちて若松のつゆよりなれる玉拾ひつつ》(沼津用邸にて庭前の松露を拾ひて)
《今ここに君もありなばともどもに拾はむものを松の下つゆ》(その松露を節子に贈るとて)
 これは相聞歌として秀逸である。さらに又、――
《御軍にわが子をやりて夜もすがらねざめがちにやもの思ふらむ》
《中山の老木の松は千代かけて立ちさかえむと思ひしものを》
《鶯やそそのかしけむ春寒みこもりし人のけさはきにけり》
などという歌にも、王者ぶりではない、細かな対人感情の行き届きの気配がある。
 高橋睦郎は大正天皇の歌群を評して言う。「天性無垢で高貴。反無垢・反高貴の時代にこんな人物が王者になったら、悲劇を生きるほかはないだろう」と。また水原紫苑は「痛いほど鋭利な感覚」と言い、こう結論する。
《実に繊細なうつろいをさえ、神に向かう魂に刻まないではいられない作者なのである。その傷つきやすい心は詩歌人にとっての恩寵にちがいない。/この不幸な帝王は、あるいは神に愛された人であったかも知れないのだ。》
 さらに岡野弘彦は作歌総数こそ、明治・昭和の両帝に劣るとはいえ、「歌に現れた心の鋭敏さの点では三代の天皇のうちで大正天皇が一番するどい感じがする」と結んでいる。
 しかしこういう資質は、帝国主義的な政治家・王者としての力量を問われる近代天皇としては失格だった。そこに時代と資質との相反性の悲劇があったのである。
posted by tabatabunsi at 00:34| Comment(0) | 『昭和天皇実録』メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。