2017年05月20日

俗情論 ➁庇護と監視

 今日の天声人語の話題は「共謀罪」で、知識人たちの法案への不安、危惧、疑念が語られている(資料)。結尾の文章にこうある。
《日本ペンクラブの反対集会で作家の森絵都さんが語っていた。「日本人の心のなかには、何か起こったときには国が守ってくれるという依存や期待があるのではないか。そこを国につけ込まれるのでは」。そして庇護(ひご)と監視は必ず一緒に差し出されると》
 私にもこの法案への疑念はある。というより、正確に言えば、法案の中味そのものよりもそれを推進している安倍首相なる人物へのいかがわしさの感じである。
 最近の世界では、ロシアのプーチン、アメリカのトランプをはじめ、フィリピンのドゥテルテとか、シリアのアサドとか、何か今が近代ではなく戦国乱世ではないかと思わせるようなヤクザめいた指導者たちが輩出していて、ひょっとしてこれはヴァーチャル・ワールドではないのかという錯視感さえ覚えるのだが、これがグローバル化した世界の行き着いた果てのグロテスクな戯画であるのかも知れない。
 それはさておき、私はこの森絵都さんの言葉にある「日本人の心」に注目したい。こういう心性が「日本人の心」の特徴・特質であるのかも、私には分からないが、いざという時に国が守ってくれるという「依存や期待」は国民としてごく自然のものではないのか(いやむしろ、日本人にはそれさえも薄いのかもしれないが)。そして現実社会の構造において「庇護と監視」が一体のものというのもごく当然のことなのではないか。
 もちろん依存と庇護の期待をしつつ、他方で監視や干渉に反発したり抵抗したりする心情や行動はあり得る。それを昇華すれば哲学的な存在理由さえ持ち得るのかもしれない。それはいいとして、ただ私にとって不可解なのは、こういう論理が批判の言説として現実的に有効であり有意味であると考える感覚なのである。これのどこに生活人すなわち庶民の心性との回路が作り得るのだろうか。

*********************
(資料)
2017年5月20日(天声人語)「共謀罪」衆院委で可決
《心のなかを裁く法律ではないか。不安が消えたとはとても言えない。犯罪を計画の段階から処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ法改正案をめぐり、あちこちで発せられてきた言葉がある▼共謀罪のある社会は、どこまで監視の目を広げるのか。作家の平野啓一郎さんの危惧は現代的である。「フェイスブックなどのSNSが発達した今、『友達の友達』は時にとんでもないところまでつながっていく。犯罪を漠然としたリスクとして『予防』しようとすると、捜査機関の監視は歯止めがなくなる」▼102歳の太田まささんは18歳のころ、共産党の機関紙を読んだことを理由に警察に拘束された。「時代を逆戻りさせちゃならん。足さえ動けば、反対を訴えるのに」。共謀罪の目的は組織犯罪の未然防止だとされるが、市民の活動がゆがめられ解釈されるおそれはないか▼「政府は言う、普通の人には関係ない しかし判断するのは権力を持つ者、警察だ ダメと言われたらそれでアウト」と歌手の佐野元春さんがフェイスブックに書いた。一般の人は対象ではないという政府答弁への疑念である▼日本ペンクラブの反対集会で作家の森絵都さんが語っていた。「日本人の心のなかには、何か起こったときには国が守ってくれるという依存や期待があるのではないか。そこを国につけ込まれるのでは」。そして庇護(ひご)と監視は必ず一緒に差し出されると▼本当にこのまま通していいのか。衆院本会議にのぞむ議員一人ひとりに問いたい。》
posted by tabatabunsi at 19:34| Comment(0) | 俗情の日本人論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。