2017年05月22日

街道論 B『街道をゆく』の主題

 新しい『街道をゆく』の連載には、前著『歴史を紀行する』の続編としての性格はあり得なかったということを前回の終わりに私は述べた。その論証として、改めてこの畢生のシリーズの最初編である「湖西のみち」の冒頭部(シリーズ全体のプロローグでもある)を引いてみよう。なお、この引用の最後の(@9)は、ワイド版・第一篇(「湖西のみち」)の9ページであることを示している。

《「近江」
 というこのあわあわとした国名を口ずさむだけでもう、私には詩がはじまっているほど、この国が好きである。京や大和がモダン墓地のようなコンクリートの風景にコチコチに固められつつあるいま、近江の国はなお、雨の日は雨のふるさとであり、雨の日は雨のふるさとであり、粉雪の降る日は川や湖までが粉雪のふるさとであるよう、においをのこしている。
「近江からはじめましょう」
 というと、編集部のH氏は微笑した。お好きなように、という合図らしい。
 はるかな上代、大和盆地に権力が成立したころ、その大和圏の視力は関東の霞ケ浦までは見えなかったのか、東国といえば岐阜県からせいぜい静岡県ぐらいまでの範囲であった。岐阜県は、美濃という。ひろびろとした野が大和からみた印象だったのであろう。》(@9)

 この文章について、言いたいことは幾つかある。
 第一に、既に述べたが、「近江」という国名だけで詩を感ずるという司馬の言霊的資質である。これについては別項目で触れることにする。
 第二に、この出だしは司馬にとっての小説であるということである。すでに司馬にとっては戦国も幕末も、小説の主題としてはすべて書ききっていた。だから司馬は他のジャンルに転換し、挑戦した。しかし司馬はやはりそれを自分にとっての小説として考えていたように見える。逆に言えば、司馬にとっての小説とはいわば何をどう書いてもいい、説話体の物語だった。例えば『関ヶ原』の最初を彼はこう書き出している。
《いま、憶いだしている。
 筆者は少年のころ、近江国のその寺に行った記憶がある。夏のあついころで、きのうのようにおもいだせる。何寺であったかは忘れた。》
 その後、司馬はヘンリー・ミラーの「いま君はなにか思っている。その思いついたところから書きだすとよい」という言葉を引き、「そういうぐあいに、話をすすめよう」と言って、そこから秀吉と石田三成の物語、《関ヶ原という、とほうもない人間喜劇もしくは「悲劇」》を語り出している。これが司馬の説話の方法である。もちろん、その「思いつき」の前に深刻な準備と取材と思索の積み重ねがあるのは言うまでもないが。
 だから、この「湖西のみち」はまた司馬にとって一つの短編小説なのであった。
 第三に、ここには『街道をゆく』の新しい主題が明確に語られている。それはそれまでの「歴史紀行」を中心とする司馬の物語世界では限定されていたために登場することの殆どなかった古代史への関心・言及である。
『街道をゆく』連載予告(『週刊朝日』昭和45年12月25日号)にはこう告げられていた。
《道といっても大幹線には古今、日々文化が往来していて、日々擦れっからしている。その点、枝道には日本のモトのモトのような種子が吹き溜っていて、日本人のなまな体臭を嗅げるかもしれない。
 そういうことで、野であれ里であれ、吹き溜りをさがして、あちこち歩いてみたいとおもう。》
 またこの「湖西のみち」のその後でも、「気分だけはことさらにそのころの大和人の距離感覚を心象のなかに押しこんで、湖西の道を歩いてみたい」(@10)とか、「この連載は、道を歩きながらひょっとして日本人の祖形のようなものが嗅げるならばというかぼそい期待をもちながらあるいている」(@23)とも書いている。この「祖形(原型)探索」がこのシリーズの眼目となる新機軸・新主題だった。
 もっともこの古代史への関心は、実は急に現れてきたといったものではない。司馬の日本史研究の中でそれは深い関心事だったに違いないのだが、小説主題として現われるのは限定的だった。初期の短編には「八咫烏」(神話時代)「朱盗」(奈良時代)「外法仏」「牛黄加持」(平安時代)という異色の短編佳作があり、長編では『項羽と劉邦』(中国・秦漢時代)『空海の風景』『義経』(平安時代)等もあるが、司馬の歴史世界の中心は圧倒的に戦国・幕末維新であった。
 この「祖形探索」は当然、「日本民族はどこからきたのであろう」という想像を呼び起こす。遥かな原始時代はともかくとして、「可視的な過去」を「遺跡」によって探れば「日本人の血液のなかの有力な部分が朝鮮半島を南下して大量に滴り落ちてきたことはまぎれもないことである」と司馬は言う(@20)。この新しい要素を取り入れることによって、このシリーズは、それまでの「歴史紀行」とは異なった新生面を啓くことになったのである。それが「原始・古代」への時間的遡及と「異域・辺境」への空間的拡大とを伴うものだったのは必然的である。
 前著の『歴史を紀行する』ではその歴史時代への視野は、ほとんど戦国期以降に限られていたために、この朝鮮渡来人への関心は、僅かに「近江商人を創った血の秘密〔滋賀〕」と「好いても惚れぬ″権力の貸座敷〔京都〕」の二編で扱われているのみである。いずれも畿内に属する地域である。
 第四に、ここには「原郷憧憬」ともいうべき司馬の内心の声が吐露されているということである。ある意味では、このことがこの長大なシリーズの持続の根本動機となった要素でもあっただろう。その「ふるさと」を願求する心情は同時に「モダン墓地」状態に荒廃した現代社会への辛辣で深刻な批判として鬱積し爆発してこざるを得ないものだった。
 要するに、『街道をゆく』を支える主題は従来の「歴史紀行」に加えて「祖型探索」「原郷憧憬」という動機から発していた。しかも、各編の内容を判断吟味する時に忘れてはならないのは、この「歴史紀行」部分は安定した土台部分を形成していることは間違いないのだが、それは司馬にとってはすべて殆ど既知事項であり、また司馬作品を読み込んできた読者としてもあまり新味はないということが多いのである。このシリーズの眼目があとの二つの動機、「祖型探索」「原郷憧憬」にあることは繰り返し強調しておく必要があろう。
posted by tabatabunsi at 19:48| Comment(0) | 『街道をゆく』断章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。