2016年03月29日

「天声人語」の劣化…

 最近のこの欄の劣化状態は改めて言うまでもない。しかし今日のはひどい。

《『この国のかたち』で司馬遼太郎さんが述べている。〈明治の夏目漱石が、もし昭和初年から敗戦までの“日本”に出遭(であ)うことがあれば、相手の形相(ぎょうそう)のあまりのちがいに人違いするにちがいない〉▼戦争へ傾斜していく昭和の日本は、明治人の知らぬ猛々(たけだけ)しい顔に変貌(へんぼう)していた。そんな意味であろう。単純になぞらえる気はないが、戦後の平和憲法下で非戦の時代を生きた世代は、この先、顔つきの異なる日本と相まみえるのかもしれない》

 司馬遼太郎を引用するのはコラムとしては最も安易で怠惰なやり方であるが、それはいいとする。切り取りの拙劣さもいいとする。しかしあまりにも考えがなさ過ぎる。思索力の劣化だ。
 昭和は「明治人の知らぬ猛々しい顔に変貌」だと?
 それでは訊く。歴史年表を繰れば、日清(明治27年)・日露戦争(明治37年)はもとより、台湾出兵(明治7年)、甲申事変(明治17年)、北清事変(明治33年)、韓国併合(明治43年)等は明治時代である。大逆事件も明治43年だ。
 これがどうして「猛々しい顔」ではないのか?
 顔の印象だけからいえば、明治天皇は昭和天皇よりも猛々しい威厳があり、重臣等も同じである。
 問題は顔の猛々しさにあるのではない。帝国主義の勃興期の已むを得ざる面もあった事変・戦争ではなく、その終末期の血迷った錯乱状態から引き起こされた戦争・事変であることが問題なのである。
posted by tabatabunsi at 19:06| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
問題は顔の猛々しさにあるのではない。帝国主義の勃興期の已むを得ざる面もあった事変・戦争ではなく、その終末期の血迷った錯乱状態から引き起こされた戦争・事変であることが問題なのである。

ほんとうにその通り。この言に尽きる。現実はそれ以上でもそれ以下でもない。
Posted by ひがむらネオシーダー at 2016年04月03日 00:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: