2017年05月24日

街道論 D『街道をゆく』の時期区分

『街道をゆく』はもちろん小説そのものではない。最初から明確な主題とか主人公とか時代背景などを定めて書きだしたものでもない。しかし二十五年余に及ぶ長期間のシリーズにおいては、おのずから幾つかの時期区分がなされる。それは主題の変遷、論点の重心移動、基調の変化、著者の心情と立場の変移等にともなって、事後的に(つまり俯瞰的に)分析し得るものである。それを先に述べた『遼』誌掲載の拙論のタイトルを借りて言うと、《「二つの近江」から『北のまほろば』へ》ということになるだろう。

 私は、このシリーズを大きくは次のような三つの時期に区分できると思っている。さらにそれをもう一段細かく見て、全体を七つの時期に分けることも可能であると考える。勿論これは試論に過ぎない。その理由・根拠を今ここで精細に述べるためには、結局はシリーズ全体を通観しての具体的な立証過程を伴わななければならなくなるので、さしあたりはその全体の見通しをレジュメ風に記し、かつ若干の注釈的説明を付しておくにとどめたい(なお、この時期区分は主として国内編について妥当するもので、海外編は必ずしもこの区分規定とは一致していない)。

<時期区分>

*第一期(前期):(1)「湖西のみち」から、(46)『南蛮のみちU』まで――祖型探索の冒険

・歴史紀行と祖形(原型)への分析的解明

◎T期:(1)「湖西のみち」から、(6)『韓のくに紀行』まで

・構想が成熟し固まってゆく過程。朝鮮論が主軸

◎U期:(7)「陸奥のみち」から、(30)「佐渡のみち」まで

・東西南北、畿内と地方、辺境・異境、中・短編が中心

◎V期:(31)『肥前の諸街道』から、(46)『南蛮のみちU』まで

・畿内と地方、力作長編が主体になる

*第二期(後期):(47)「近江散歩」から、(72)『北のまほろば』まで

・山河国土のあるべき原風景(原郷)への美的模索と憧憬

◎W期:(47)「近江散歩」から、(62)「赤坂散歩」まで

・再訪、原郷憧憬と幻滅

◎X期:(63)「大徳寺散歩」から、(68)『本郷界隈』まで

・神聖価値への傾斜、列聖・顕彰意識、この「転換」=「回心」の動機は昭和天皇崩御

◎Y期:(69)『オホーツク街道』から、(72)『北のまほろば』まで――司馬遼太郎の「白鳥の歌」

・完結期、掉尾を飾る傑作群、『オホーツク街道』『台湾紀行』、そして実質的な完結編である『北のまほろば』へ

*第三期(補遺期):補遺としての「記」
(73)『三浦半島記』から、(74)『濃尾参州記』まで

◎Z期:(73)『三浦半島記』から、(74)『濃尾参州記』まで――幻滅の中の死

・補遺(捃拾)期、未完の形態、『関八州記』の可能性
posted by tabatabunsi at 16:09| Comment(0) | 『街道をゆく』断章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: