2017年05月27日

街道論 G『街道をゆく』のベスト作品

『街道をゆく』シリーズには、長編・中編・短編を併せて全体で七十四編ある(『司馬遼太郎の風景@』巻末の一覧では七十二編としているが、私は二冊ずつある『南蛮のみち』『愛蘭土紀行』は共に各二編と数えるのが適当と思うので、七十四編とする)。
 その中で、ベスト・テンといったら、どうなるか。ともかく駄作・凡作は少ない(ほとんどない、と言っていい)ので、そこから選ぶのはかなり難しい。それを敢えて私見で行ってみる。順不同(発表順)にベスト・テンを列挙すれば、次の通りになろうか。
 なお、本の巻名を表わすときは『』で括り、作品の編名を表わすときはすべて「」で括ることにするのが正しいが、ここでは作品の形態(長・中・短編)の区別を表わすために、一冊で一作品の長篇は『』で括って並べることにする。(ここで便宜的に、一冊の中に三編以上収録されている作品群を短編とし、二作品で一冊となっているものを中編として区別した。)

(1)「湖西のみち」(短編)
(6)『韓のくに紀行』
(17)『モンゴル紀行』
(45)『南蛮のみちT』
(47)「近江散歩」(中編)
(57)『愛蘭土紀行T』
(64)『オランダ紀行』
(69)『オホーツク街道』
(71)『台湾紀行』
(72)『北のまほろば』

 見られるとおり、国内編が四編、海外編が六編である。全体では国内編が六十編、海外編が十四編だから、海外編の秀作比率はかなり高いということになる。それはある意味、当然のことであり、それだけ司馬の意気込みが高かったということを証明しているのだろう。
 今度は、国内編だけでベスト・20を選定すると、次のようになる。

(1)「湖西のみち」(短編)
(7)「陸奥のみち」(短編)
(18)『沖縄・先島への道』
(20)「砂鉄のみち」(短編)
(21)「熊野・古座街道」(短編)
(24)「種子島みち」(短編)
(25)「潟のみち」(短編)
(31)『肥前の諸街道』
(33)『壱岐・対馬の道』
(37)『叡山の諸道』
(38)『島原・天草の諸道』
(39)『越前の諸道』
(47)「近江散歩」(中編)
(51)「仙台・石巻」(中編)
(52)「因幡・伯耆のみち」(中編)
(55)「秋田県散歩」(中編)
(60)「奥州白河・会津のみち」(中編)
(62)「大徳寺散歩」(中編)
(69)『オホーツク街道』
(72)『北のまほろば』

 以上を総合すると、次のようなベスト30作品リストになろうか。

(1)「湖西のみち」
(6)『韓のくに紀行』
(7)「陸奥のみち」
(17)『モンゴル紀行』
(18)『沖縄・先島への道』
(20)「砂鉄のみち」
(21)「熊野・古座街道」
(24)「種子島みち」
(25)「潟のみち」
(31)『肥前の諸街道』
(33)『壱岐・対馬の道』
(37)『叡山の諸道』
(38)『島原・天草の諸道』
(39)『越前の諸道』
(40)『中国・江南のみち』
(45)『南蛮のみちT』
(47)「近江散歩」
(51)「仙台・石巻」
(52)「因幡・伯耆のみち」
(54)『耽羅紀行』
(55)「秋田県散歩」
(57)『愛蘭土紀行T』
(58)『愛蘭土紀行U』
(61)「奥州白河・会津のみち」
(63)「大徳寺散歩」
(65)『オランダ紀行』
(69)『オホーツク街道』
(71)『台湾紀行』
(72)『北のまほろば』

 この中で、(31)『肥前の諸街道』は秀作とは言えないが、画期の作品であるので選んだ。また、シリーズ最高の傑作はと言えば、これは別格で『北のまほろば』ということになる。これには異論はあるまいと思う。

 ここから言えることは…
・総じて、海外編には秀作が多い。(前述)
・長中編に傑作が多い。これはやはり、司馬の長編作家的な本領が発揮されているのだろう。もちろん短編にも佳作・秀作はあるが、このシリーズの意味からいって、やはり客観的には長篇になればなるほど、司馬の作家的力量が発揮されるという傾向があるのは否定し得ないことである。
・歴史紀行プロパーの作品には傑作には乏しい。それはやはり司馬の発展過程史からみて、もう出し尽くした後だからである。それに対して、司馬がこれまでの小説作品の上ではあまり取り組んでこなかった古代史、及び近代史の歴史紀行は新鮮味がある。
・祖形論の視点での作品には傑作・秀作が多い。敷衍して、宗教論、朝鮮論等の分野の作にも秀作が多いという印象がある。
・地域的には、辺境・異境の紀行により魅力の豊かな作品が多いという気がする。
posted by tabatabunsi at 17:50| Comment(0) | 『街道をゆく』断章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: